うちの子紹介

animaLaboうちの子トップ > うちの子(2007年4月)

うちの子紹介 2007年4月 「ALGO(アルゴ)」

うちの子紹介に応募

写真

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
ALGO

「ALGO(アルゴ)」のプロフィール

名前 ALGO(アルゴ)
名前の由来 伊豆田洋之さんの同名曲よりいただきました。響きが良かったので。(その曲では、少年の名前として使われていますが、もともとは犬の名前だったそうです。)
生年月日 2001年10月21日生まれ(9歳)
種類 犬:【父:トイプードル×母:ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアのミックス】
我が家のヘルスケア ワクチンを毎年接種、フィラリア予防薬、ノミダニ駆除薬も毎年使用しています。
皮膚が弱いので、ドッグフードにも気を使っています。
飼い主から一言 拾い食いはほどほどに
うちの子の好きなところ 小さい頃はあまりのやんちゃぶりに家族皆、頭を抱え、訓練士さんに泣き付いた程でしたが、今ではすっかり家族のアイドルに。大きな鼻とまん丸の黒い瞳で見つめられると心の底から癒されます。
うちの子とのエピソード ペットショップでたまたま見つけたミックス犬に家族皆一目ぼれして購入しました。性格は、やんちゃで人懐っこく、食いしん坊。生まれてから5才になった現在も変わらず、家族を楽しませてくれます。

最近は、隙があれば家から脱走しようと企んでいるようです。先日も僅かなドアの隙間から勢いよく外に飛び出し、猛スピードで辺りを走り回り、呼び戻そうと声 を掛けても全くどこ吹く風でした。その時、大好きなお向かいさんが出てくると、大喜びして、外階段を駆け上がって、招かれてもいない家に入ると、庭を走り 回り、ウッドデッキからリビングに上がったあげく、ソファーに座りこみ、おやつをいただいて、やっと捕まえられたのでした。

嫌いなことは、耳そうじと地震で、夜ハウスに入れる時、以前はなかなか言うこと聞かず苦労しましたが、「耳そうじをする?それともハウスで寝る?」と聞くと 熟睡していても大慌てでハウスに入って行きます。また夜中に地震があると垂直跳びでハウスから飛び出し、テーブルの下に隠れているようです。

飼い主紹介

写真 動物の健康を守り、健康を創造するという企業のミッションが、人と動物の幸せな生活形成に貢献しているという誇りを持って仕事に取組んでおります。

共立製薬株式会社
経理部 有路 一哉

ちょっと得するペットコラム
◆キツネ狩りならウエスティに任せてよ!
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの愛称はウエスティです。スコットランドのウエスト・ハイランド地方出身です。スコッチウィスキーのトレードマークとしても有名です。

【飲兵衛の皆様へ】:このスコッチウィスキーですが、当初、黒ボトルに白ラベルでしたので「ブラック&ホワイト」というニックネームが付けられました。発売から四半世紀を経て、ニックネームが正式な名称になったそうです。そのとき以来、ラベルにスコティッシュテリアとウエスティ、つまり黒&白のテリアが付けられています。

さて、ウエスティに話を戻しましょう。ウエスティは、淡い毛色、あるいは白の毛色を持つケアン・テリアが選択交配されて確立された犬種といわれています。ケアン・テリアにはときどきそのような毛色の子犬が生まれます。これらの子犬は淘汰されるのが常でした。しかし、白色のケアン・テリアに注目してくれたブリーダーさんがいたのです。ウエスティにとっては“地獄に仏”でした。

小獣猟犬種とされていますが、当初から家庭犬として品種改良され、さらに比較的新しい犬種ですので実際の猟に使われたことは少ないようです。でもでも、その体型はキツネ狩りにもってこいなのです。

岩と岩に挟まれた細い道(キツネの巣穴への道)も通ることができるサイズです。その細い道でも短い足で上手に方向転換できます。キツネと戦うことができる鋭い歯と頑丈な顎を持っています。頭部の硬い毛のおかげでキツネに噛みつかれても傷つきません。さらにキツネの巣穴から引っ張り出すのに好都合な長さの尻尾です。実体験は少なくても、ウエスティはかくもキツネ狩りに適した特徴を持っているのです。

ウエスティは活動的で勇敢です。いたずらも大好きです。独立心が強く、やや頑固な面もありますが、友好的です。ただし、小動物に対してはあまり友好的ではないようです。それから、排便等のしつけはそれほど容易ではないようですし、破壊行動も多いようです。自尊心のなせる業かもしれません。

うちの子バックナンバー

2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006

このページの先頭へ